HOME>アーカイブ>解体するときのメリットやサービス内容を確認しよう

近所の人に挨拶をしてくれる

解体工事

住宅も住まなくなった場合には、解体する必要があります。空き家にしておく人も多いですが、基本的に空き家にしている人は解体するお金がない傾向にあります。それでも最初のうちは良いですが、半年ぐらい経過すると固定資産税が高くなってくるため、あまりその状態を維持するのは妥当ではありません。それよりも、本当に建物と土地が必要ないならば解体した方が良いでしょう。解体工事を神奈川県で行う場合は、業者の方でいくつかサービスがあります。そのサービスの1つは、業者側が挨拶まわりをしてくれることです。これにより、近所の人にわざわざ挨拶をしに行く必要なくなります。ただ、いちど挨拶まわりぐらいはしておいた方が良いと言えるでしょう。

事前にやることをしっかりする

解体工事

これから神奈川県で解体工事業者に工事をお願いする場合、自分たちで行うことに特徴は、電気や水道そしてガスを止めることです。すでに止めてある場合はよいですが、数ヶ月前までに住んでいた場合は、これらが止まっていない可能性もあります。もしガスが出た状態で解体工事をしてしまうと、ガスが漏れてしまう可能性があり、最悪の場合には大爆発を起こすことも考えられます。それ以外でも、電気が漏れる状態や水道管が破裂するなど何も良い事はありませんので、全て止めてから業者に依頼しましょう。

最近は静かな工事をしてくれる

解体工事

神奈川県で解体工事業者に解体工事を依頼する場合、近所迷惑になることも考えられます。やはり解体工事と言えば、音がうるさいといった苦情が来やすいものです。この場合には、事前に挨拶まわりをしているため、少しでも苦情を抑えることができるはずです。それに加えて、最近は技術も昔に比べると丁寧になってきており、音が少ない解体をする傾向にあります。それとは別に、ほこりなどが舞うこともありますが、たいていの業者では工事をするときに水を撒く傾向にあります。

広告募集中